提案

トップ

滑る

InfoComm2024の最新情報

InfoComm2024で皆様にお会いし、Bose Professional、エキサイティングな新製品発表を含む最新情報を共有できたことを大変嬉しく思います。ショーのハイライトを捉えたイベントの写真や全チャンネルからの投稿は、ソーシャルメディアフィードをご覧ください。

1-28_アンビエンテ・スタンドBose Pro Large 1
10_StandBose Pro Sin Gente Large
6-38_アンビエンテ・スタンドBose Pro Large 1
IMG_5837
8-52_アンビエンテ・スタンドBose Pro Large 1
5-36_アンビエンテ・スタンドBose Pro Large 1
01_StandBose Pro Sin Gente Large
1-_DSC0914コピー
_4-19_アンビエンテ・スタンドBose プロ
2-24_アンビエンテ・スタンドBose Pro Large 1
_2-13_アンビエンテ・スタンドBose プロ
7-_DSC0892コピー
27_アンビエンテ・スタンドBose Pro Large
館山 - ACインタビュー
すぐに動作して、すぐに動作して、
館山EdgeMaxLP
すぐに動作して、すぐに動作して、
館山 - パクストン
すぐに動作して、すぐに動作して、
前の矢印
次の矢印

ベスト・ソリューション。ベスト・オブ・ショー

InfoComm2024でデビューしたBose Professional「EdgeMax」独自の新しい指向性スピーカーが、AVテクノロジー部門でベスト・イン・ショーに選ばれたことを発表できて、これ以上の喜びはありません!

新製品情報

ご登録いただくと、これらの商品の出荷をいち早くお知らせします。

新しいEdgeMax LPシリーズをご紹介します。 文字通り目立たない高性能サウンド。

薄型の新モデルEdgeMax LPは、バックカンの高さがわずか4インチと浅く、軽量です。また、会議用途など天井の低い部屋でも使用できるよう、80度の垂直カバー角度を備えています。

 

Bose ProfessionalのEdgeMaxシリーズは、ハイフィディリティサウンドと独自の指向性を組み合わせることで、天井埋込型スピーカーの可能性を無限に。

独自のPhaseGuide®テクノロジーを採用し、露出型スピーカーのサウンドと天井埋込型スピーカーの外観を融合。従来のスピーカーでは対応できない空間に、非対称の自由なカバレージサウンドをお届け。

EdgeMax LPの紹介ビデオはこちら。 

コンパクトで耐久性のあるパッケージのポイントソース性能。新しいマウント・アクセサリーにより、設置オプションがさらに増えました。

Bose ProfessionalのAMUシリーズ・スピーカーは、多用途性と耐久性を具現化し、屋内外の用途で卓越したポイントソース性能を発揮します。風雨に耐えるよう設計されたAMUシリーズは、耐候性入力カバー、UV耐性仕上げ、IP55等級など、堅牢な設計を誇ります。

今回のInfoCommでは、AMUシリーズの新しいスピーカー2機種、AMU108-120と AMU208-120を発表します。さらに、新しいAMUマウント・アクセサリーは、壁面や頭上への吊り下げ、臨時のオーディオ・セットアップに可搬性を提供する新しいポール・マウント・アダプターなど、クリエイティブな設置の柔軟性をさらに高めています。

ControlSpace Cloudは、どこからでもControlSpaceデバイスのリモートシステムモニタリングとトラブルシューティングを可能にします。

Bose Professional、新しいクラウドベースのモニタリングサービスであるControlSpace Cloudを使用すると、インストーラは、顧客が問題に気づく前に、システムの問題に迅速に対応し、予期することもできます。接続状態、障害、エラー、クリッピング、リミッターの作動を遠隔監視できます。しかも、何よりも無料です。

ControlSpace Acceleratorを使用すると、オープンアーキテクチャ設計の時間を最大5倍短縮し、繰り返しを減らすことができます。

ControlSpace Acceleratorは、シンプルで直感的なインターフェイスで新しいControlSpace Designerプロジェクトを初期化するために使用される、強力な新しいクラウドベースまたはローカルのソフトウェアツールです。基本的なビルディングブロックをすでに設定した状態で、設計を構成し、高速化することができます。平均して、CSDプロジェクトの初期セットアップにおいて最大5倍のスピードアップを実現します。そして、それは始まりに過ぎません。

システムインテグレーターのチャネル導入の改善のために最も要望の多かった2つのアップグレードが現実のものとなった。

当社の業務用サウンドプロセッサーとPowerShare+ スマートアンプは、入力ソースミキシング機能を搭載し、各入力ソースをミキシングして各出力ゾーンにルーティングできるようになりました。また、製品が現場に到着する前に、主要な設定をオフラインで事前にプログラムできるようになりました。

現在、DesignMax 露出型・スピーカー・ファミリー全体が、屋外での使用に耐える環境規格を取得しています。

風雨に耐えるよう設計された新型DMS8Eは、錆びないアルミグリル、リア入力端子用ウェザーシールカバー、耐候性・耐UVマウントブラケットを装備し、従来の非耐候バージョンと同価格です。

DesignMax DM8S 横置き右向きグリル

私たちは、お客様が素晴らしいプロオーディオ体験を創造するお手伝いをします。

より詳細な情報やプロジェクトのヘルプをお探しですか?私たちにお任せください。