提案

トップ

  • ControlSpace Designerソフトウェア

ControlSpace Designer

ControlSpace Designer

コントロールスペース

概要

ControlSpace Designerソフトウェアは、Bose Professional ControlSpace ESP、EXプロセッサー、エンドポイント、PowerMatch 、PowerShare アンプ、ControlCenterコントローラーのオーディオ信号処理とネットワーク操作の設定に必要なツールを提供します。信号処理関数の完全なライブラリを備えたControlSpaceデザイナーは、ESPとEXプロセッサーのオープンDSPアーキテクチャをサポートし、完全にカスタマイズされた信号処理設計を作成するパワーを提供します。また、ネットワーク設定ツールにより、すべてのControlSpaceネットワークデバイスを、より大規模なControlSpace制御ネットワーク上で動作するようにすばやく設定できます。

パラメータ・セットとグループ制御関数を使用して、制御関数のライブラリを作成します。1つのパラメータ・セットで、1つの処理ファンクション(または呼び出されたときのさまざまな処理パラメータのコレクション)の状態を変更できます。一方、グループでは、複数のゲインを同時に制御したり、同じ信号処理ファンクション・タイプの複数のインスタンスを制御したりできます。さらに、パラメータ・セットとグループ・プログラミング機能の両方を、Bose Professional ControlCenterコントローラの物理コントロールに簡単にマッピングしたり、標準シリアル・プロトコル、時間/スケジュール・ベースの呼び出し、または汎用入力を使用してリモートで呼び出したりすることができます(パラメータ・セットのタイマーおよびGPIベースの呼び出しは、Bose Professional ESPプロセッサでのみ使用できます)。

信号処理と制御システムの設計が完了したら、Smart Simulationを使用して、オフラインですべての制御プログラミングをテストおよび修正できます。Smart Simulationは、Bose Professional ControlCenterコントローラの仮想表現を使用して、システム制御プログラミングの設定とテストを行います。これにより、制御テストのために実際のシステムに接続する必要がなくなります。

システムにアクティブに接続されている場合、ControlSpace Designerソフトウェアは、すべての信号処理機能の動作を設定するため、システムのコミッショニングのためのシステム・インターフェースとして、または動作中のシステム・モニターとして使用されます。モニターモードに設定すると、すべてのデバイス・パラメーターは保護され、システム・オペレーターはバーチャル・コントロール・センターとアンプ・モニター機能のみにアクセスできます。

豊富な内蔵ツールにより、Bose ProfessionalのDante®ネットワーク対応オーディオコンポーネントのセットアップとコントロールを効率的に行えます。

ControlSpace Designerソフトウェアを使用したシステムのアプリケーション、設計、設定の詳細については、Bose Professional ラーニングセンターをご覧ください。

(1) タイマーとGPIを使ったパラメーターセットの呼び出しは、エンジニアド・サウンド・プロセッサーでのみ利用可能です。

ダウンロード

以前のソフトウェア