提案

トップ

高等教育向けIT管理ソリューション5選

IT管理ソリューションは、今日の高等教育の学習環境でオーディオを活用する際の5つの大きな障壁を克服するのに役立ちます。学生が直接学習する場合でも、ハイブリッド環境で学習する場合でも、適切なサウンドシステムは、文学から科学まで、あらゆるものに生命を吹き込むのに役立ちます。大規模な講堂でも、会議室での親密な講義でも、適切なAV技術ツールがあれば、教授は授業に集中でき、学生は没入型テクノロジーを最大限に活用でき、IT管理者はテクノロジーの導入やトラブルシューティングが容易になります。

ここでは、ラーニング・コミュニティーのサウンドシステムに関して考慮すべき点と避けるべき課題について説明します。

使いやすいツールで技術的な課題を解消

技術的な課題を事前に解決することで、IT部門が教室にもたらす価値を強調することができる。教授は一日中、教室やオフィスを移動することがよくあります。状況によっては、毎週1、2時間しかそのスペースにいないこともあります。各教室で独自のAV技術ツールの操作方法を学ぶのは現実的ではありません。

その結果、高等教育のIT部門は、ビデオバーデバイスのようなソリューションにますます注目しています。教授たちは、自分のマシンをデバイスに接続する方法について一般的なトレーニングを受けることができるため、週にさまざまな場所で教壇に立つことがあっても、基本的なテクノロジー・ニーズをセルフサービスできるようになります。ノートパソコンでも、接続されたBluetooth対応のタブレットやスマートフォンからでも、これらのIT管理ソリューションは簡単な操作で豊富な機能を提供します。ビデオバーデバイスを選択することで、合理化されたテクノロジーで教授をサポートし、必要なトラブルシューティングの時間を短縮することができます。

対面式とハイブリッドのブレンド・ソリューション

操作が簡単なツールは非常に重要ですが、今日の学習環境には他にもユニークな要求があります。オンライン学習の増加に伴い、対面式サウンドソリューションは様々な学生のニーズに対応する必要があります。学生は学期中、完全なオンキャンパス、遠隔地、またはその両方にいる可能性があります。教授は、それぞれの環境で学生に質の高い体験を提供できるテクノロジーを利用する必要があります。

ビデオバーデバイスは戦略的な選択となる。サウンド、マイク、ビデオ機能をGoogle Meet、Microsoft Teams、Zoomなどの一般的な会議オプションと組み合わせることで、これらのデバイスは多くの重要な機能を1つのデバイスにまとめることができます。Videobarデバイスは、世界中の学習者に高性能で信頼性の高いビデオを提供し、教室内のサウンドパフォーマンスを最適化します。

総合的な音質で学習に集中

音質が悪いと、教授や学生はすぐに圧倒され、学習や共同作業の大きな障壁となります。IT管理ソリューションを選択する際には、3つの主要機能を提供するシステムに注目することが有効です。例えば、Bose Professional VideobarVB-Sは、10×10フィートまでの小さな部屋に以下の要素をもたらし、良い計画モデルとして役立ちます。

マイクの品質は考慮すべき重要な要素のひとつです。VB-Sには4つのビーム指向性マイクが搭載されており、積極的に声に焦点を合わせることで会話をより自然なものにします。もうひとつは、適切な音に焦点を当て、周囲の雑音をフィルタリングすることです。VB-Sでは、排除ゾーンが不要な音を排除し、自動EQが参加者全員に最適化された音声を届けます。最後に、どのデバイスからでも簡単に使えるシームレスなサウンド体験が重要です。ビデオバーデバイスは、Bose Professional トランスデューサーを使用して、接続されたコンピュータやモバイルデバイスからシャープで明瞭なサウンドを投射します。これらの各要素を計画することで、あらゆる学習環境でプロフェッショナルな音質を確保することができます。

合理化されたソリューションでトレーニングとサポートのニーズに対応

1日中、何十、何百もの授業が、しかもキャンパス内で同時に行われることが多いため、IT部門がテクノロジーに課題を感じている教員や学生にリアルタイムでサポートを提供できる能力は限られています。オールインワンで、設置されたスペースに最適化されたAV技術ツールを選択することで、ITスタッフの時間的な要求を減らすことができます。例えば、ビデオバーデバイスの操作はコンピュータに接続するだけです。これにより、操作が大幅に簡素化され、ビデオ、マイク、スピーカーを個別にトラブルシューティングする際に問題が発生する可能性が低くなります。

ツール選択をスペースに合わせる

大学やカレッジでは、小規模な会議スペースやオフィスから、数百人の学生を収容する大規模な学習環境まで、さまざまなスペースが使用されます。高等教育のITリーダーは、どのようなスペースであってもシームレスに動作するソリューションへのアクセスを必要としています。

VB-Sは、10×10フィートまでの会議室やその他のスペースに素早く簡単に設置できるUSBデバイスです。 Bose Professional VB1のようなソリューションは、その2倍の大きさの部屋に最適化されています。ITリーダーがより大きなスペースに移動するにつれ、フォアグラウンドとバックグラウンドのサポートによって増強されたラウドスピーカーは、高品質のオーディオ体験を提供することができます。ビデオバーデバイスは、様々なスペースにツールの選択を適応させる能力を提供します。さらに、ビデオバーデバイスはBluetooth接続により、スタンドアロンのスピーカーフォンとして、または音楽のストリーミングとして使用することができ、柔軟性が向上します。

多くの生徒が学校に戻る中、ITチームは最高の学習体験に必要なテクノロジーの導入とサポートに懸命に取り組んでいることでしょう。伝統的なサウンド・ソリューションから、世界中の生徒を結びつける革新的なテクノロジーまで、最新のIT管理ソリューションが新年度の学習を活気づけるのに役立っています。

VB-Sビデオバーは、3人の遠隔地の生徒とともにビデオスクリーンの前に置かれている。

IT管理ソリューションは、大学やカレッジが対面学習者と遠隔学習者のニーズをバランスよく管理するのに役立っている。

シェア: