提案

トップ

ようこそ

CSPシステム

商業空間用サウンドプロセッサー

スマートなレベル・コントロールとタイム・スケジューリングによる高速で効率的な業務用音楽システム

 

Bose Professional コマーシャル・サウンド・プロセッサー(CSP)は、迅速な設置のために設計されており、インテリジェントなサウンドレベルの自動化、直感的なインターフェース、プリセット設定によりサウンドシステムの運用を合理化し、品質や精度を犠牲にすることなく迅速な導入を可能にします。カフェ、小売店舗、オフィス、ショッピング、フィットネス、バーなどに最適なCSPは、卓越したオーディオ体験のための迅速な操作性を保証します。

互換性のあるスピーカー、アンプ、コントロール一式を備えたBose Professional CSPは、簡単で一貫性のあるインストールを容易にします。

オンボードの設定ユーティリティは、ブラウザベースのUIと相まって、設定プロセスを加速します。レベル、ルーティング、その他の重要な設定がリアルタイムで表示されるため、コンフィギュレーションが簡素化され、本稼働までの時間が短縮されると同時に、スピードと正確性が向上します。

CSPプロセッサーはサウンドシステムの頭脳として機能します。インプットからスピーカーまでのオーディオを処理し、ルーティングし、コントロールします。 このダイアグラムは、基本的なシステム信号の流れを説明しています。

CSPは、これらのタイプのプロ用オーディオ機器を統合します。

CSPプラットフォームには2つのモデルがある:CSP-428とCSP-1248です。各モデルは標準的な19インチ幅のラックにマウント可能で、高さはわずか1RU(ラック・ユニット)です。

CSP-428リアパネル図

CSP-1248リアパネル図

新しいアップグレード

新しいコンフィギュレーション・ユーティリティ・アプリで、CSPデバイスの設定をオフラインでプログラムできるようになりました。詳細はティーザー・ビデオをご覧ください。

 

このページの「ソフトウェアの説明」では、CSPデバイスで使用されるアプリケーションの詳細を説明しています。

トップ

ネットワークベースのアーキテクチャにより、システム構成と制御を合理化

標準化されたイーサネット方式は、簡素化されたCat-5またはCat-6配線を使用してコンピューターとウォールコントローラーを接続し、PoE(Power over Ethernet)機能を組み込んでいる。

CSPはDHCPとスタティックIPの両方をサポートし、柔軟性と拡張性を保証します。インストールとメンテナンスの複雑さを大幅に軽減し、最新の制御環境に費用対効果の高い効率的なソリューションを提供します。

ブラウザベースのユーザーインターフェースにより、システムのセットアップとメンテナンスが簡素化されます。

MacやPCの標準的なウェブ・ブラウザからすぐにアクセスできます。ユーザーを念頭に置いて設計された直感的なインターフェイスで、CSPを簡単にプログラミングできます。

レベル、ルーティング、しきい値、優先順位に関するリアルタイムのデータでコントロールし、迅速かつ正確なコンフィギュレーションを実現します。

長時間のインストールに別れを告げ、精度と信頼性の向上を実感してください。

プログラミングのワークフローについては、ビデオをご覧ください。

 

各エリアのニーズに合わせたサウンドシステムのゾーン設定

一般的なレストランを上から見下ろすと、CSPは最大5つの異なるリスニング・エリアを作ることができる。

オプションの壁掛けControlCenterデジタルコントローラーまたはControlSpace Remoteアプリを使って、各ゾーンを簡単にコントロールできます。

これらのツールを使えば、1つのコントローラーだけで、サウンドレベルの調整、オーディオソースの選択、エリアごとの複数出力の管理が可能です。

最適なサウンドレベルを維持するオートボリューム

オートボリュームテクノロジーを搭載したCSPは、リアルタイムでインテリジェントにサウンドレベルを調整し、人の出入りに応じて変動する周囲の騒音に適応して、音楽を理想的なレベルに保ちます。

CSP-1248プロセッサーは最大5台のAVM-1ユニットに対応し、リスニングゾーンごとに1台ずつ使用可能。一方、CSP-428プロセッサーは最大2台のAVM-1ユニットに対応し、使用可能なマイク/ライン入力は2系統に制限される。

ControlCenterデジタルコントローラでコントロール

PoE(パワー・オーバー・イーサネット)給電のネットワーク対応ControlCenterデジタル・コントローラーからお選びいただけます。基本的な音量調節が可能なCC-1D、音量調節と2系統のソース選択が可能なCC-2D、音量調節と4系統のソース選択が可能なCC-3Dからお選びください。

北米、日本、欧州の電気ボックス(後者はウォールプレート一式)に対応するモデルで、各地域の要件に対応します。

SmartBassオートメーションがダイナミックに環境を盛り上げる

完璧な低音レベルを実現する独自の機能性。どのような音量でも動作するように設計されたSmartBassは、高度なEQフィルターとカスタマイズされたリミッターを使用して部屋の音響特性に調和し、一貫して豊かでバランスの取れた低音体験を保証します。

このテクノロジーは、音量の違いによる周波数に対する耳の感度の違いを考慮し、小音量時には深みを加え、大音量時にはバランスを確保します。キャリブレーションを簡素化することで、システムのゲイン構造を調整し、SmartBassの一貫した利点である、小音量ではフル・ベース、大音量では均一なサウンドを実現します。

SmartBass独自のエクスカーション・リミッターが出力を微調整し、音楽性と音量を最大限に引き出します。

タイムスケジューラー機能により、1日を通してソースとレベルを自動変更できる利便性を体験してください。

曜日や時間によってサウンドシステムを変更する時間を簡単にプログラムできます。

システムは、定義されたリスニング・エリアごとに入力ソースとそのレベルを自動的に調整します。CSPが自動的に調整します。

Opti-Sourceレベル管理により、オーディオソース間のサウンドレベルバランスを実現

この機能は、シームレスな移行を提供するだけでなく、すべてのソースで均一なサウンド体験を維持します。

Opti-Source レベル・マネージメントでオーディオ・システムのパフォーマンスを向上させましょう。Bose Professional CSPに今すぐ切り替えて、次のサウンド・システムのインストールでその違いを実感してください。

異なるソース間のオーディオレベルのばらつきに悩まされることはもうありません。CSPが独自に提供するOpti-Sourceレベル管理は、最大4つのソースの入力レベルを監視・調整し、ソースを切り替えても音量が一定になるようにします。

お客様の声&導入事例

システム例

これは4つのリスニング・エリアを持つ一般的なCSP-428システムのレイアウトです。

ソフトウェアの説明

このセクションでは、CSP をオフラインで構成する方法、IP アドレスを検出する方法、およびブラウザ・ベースのユーザ・インタフェースにアクセスする方法について、各ソフトウェアの使用法を交えて説明します。

MacまたはPC用のコンフィギュレーション・ユーティリティー・アプリケーションは、入力パラメーター、スピーカー・プリセットを含む出力設定、リスニング・エリア、タイム・スケジューラーなどの主要な設定をオフラインで行うことができます。

コンフィギュレーションが完了したら、ファイルをコンピューターに簡単にエクスポートし、オンラインになったらCSPデバイスにシームレスにアップロードします。

PC用のDiscovery Toolアプリケーションを使用すると、ネットワーク上のCSPおよびControlCenterデジタルコントローラのIPアドレスをすばやく検出できます。

CSP の IP アドレスが検出されたら、Chrome、Safari、Firefox、Edge などの標準的なウェブ・ブラウザを開き、URL バーに IP アドレスを入力して、CSP のブラウザ・ベースのユーザー・インターフェースをリアルタイムで表示します。

CSP デバイスの設定は最初から行うか、Configuration Utility からファイルをインポートして、CSP、ControlCenter コントローラー、AVM-1 センスマイクの残りの設定を完了します。

プロセッサー選択ガイド

CSP および ControlSpace を含むBose Professional プロセッサのセレクションをご覧ください。

CSPとその付属品についてもっと知りたいですか?

ボタンをクリックしてお問い合わせください。グローバルサポートチームがご質問にお答えします。