提案

トップ

  • L1 Pro32 ポータブル・ライン・アレイ
  • L1 Pro32右向き
  • L1 プロ32 左向き
  • L1 プロ32 左向き
  • L1 Pro32右向き
  • L1 Pro32トップIO
  • L1 Pro32リア
  • L1 Pro32 ポータブル・ライン・アレイ
  • L1 Pro32右向き
  • L1 プロ32 左向き
  • L1 Pro32右向き
  • L1 プロ32 左向き
  • L1 Pro32右向き
  • L1 Pro32 リア・SubMatchSub2

L1 Pro32 ポータブル・ライン・アレイ・システム

L1 Pro32

L1

概要

L1シリーズ史上、最高性能。
L1 Pro32は、シリーズ最高のパフォーマンスを誇ります。32個の2インチネオジウムドライバーによるアーティキュレーテッドラインアレイから最高にクリアなサウンドを会場全体に提供します。フルバンドやDJによる結婚式、クラブ、フェスティバルといった会場やイベントでのパフォーマンスに最適な比類ないポータブルPAシステムです。内蔵の3chミキサーは、EQ、リバーブ、ファンタム電源に加え、Bluetooth®ストリーミングとToneMatch プリセットのライブラリーへのアクセス可能です。また、Bose Music app(旧L1 Mix app)で、スマートフォンからもリモートで操作可能です。

機能

  • 均一なカバレージ:大規模会場に最適。L1シリーズ史上最高のSPL、到達距離、および垂直方向に制御されたカバレッジパターンを実現。水平方向には180度の広いカバレージで大規模な会場の隅々まで複雑な音のディテール、明瞭さ、一貫性を提供します。

  • ワイドでタイトなプレミアムサウンド:フルバンドやDJによる結婚式、クラブ、フェスティバルといった会場やイベントでのパフォーマンスに最適です。

  • ボーカルも楽器も圧倒的な明瞭度: 中高域ドライバーアレイは、直線型に配置された32個の2インチネオジウムドライバーで構成。

  • ラインアレイ技術により音の距離減衰を軽減

  • 重低音と可搬性を両立した独自開発のウーファー:L1 Pro32と組み合わせて使うSUB1・SUB2サブウーファーは、それぞれ7x13インチ、10×18インチのハイエクスカーションレーストラック型ドライバーを搭載。SUB1は40Hz、SUB2は37KHzまでの低音再生を実現。スリムな形状で力強い低音を再生します。

  • 組み立て・持ち運びが簡単なモジュラーシステム:中高域アレイ、エクステンション 、パワースタンド、サブウーファーの4つに分かれるモジュラー式で、コンパクトに持ち運び可能。会場での組み立ても工具不要で、それぞれを差し込むだけです。アレイ・エクステンションとパワースタンド用それぞれの専用キャリーバッグが付属します。

  • 一瞬でサウンドを最適化するシステムEQプリセット:ライブ演奏、音楽再生、スピーチの3パターンのプリセットEQを搭載。リアパネルのボタンで選ぶだけで、瞬時にEQを最適化できます。

  • 様々なオーディオソースに対応: Ch1/2はファンタム電源を備えたコンボジャック、Ch3は標準フォンと3.5mmのAUX入力に加え、Bluetooth®ストリーミング再生にも対応。また、XLRライン出力を使って、2台目への接続やサブウーファーの増設も可能です。

  • ミキサー追加して入出力を簡単に拡張:ToneMatchポートを使ってミキサー「T4S」または「T8S」を接続すれば、電源供給と音声信号をケーブル1本で接続。楽器やマイクが増えてチャンネルが必要になっても容易に拡張できます。

  • Bose Musicアプリでリモート操作:スピーカー本体とアプリは常にリアルタイムで同期。リハーサル中に会場を歩き回って音を確認しながらパラメーターを手元で調整したりできます。また、100種類を超えるカスタムEQプリセットが用意されたToneMatchライブラリにもアクセス可能。直感的なコントロールと高い柔軟性を備えています。

アプリケーション

次のような様々な施設や用途で利用できます。

  • 自治体の催し物

  • 学校の授業やイベント

  • 商業施設・宿泊施設

  • ライブパフォーマンス

  • 企業や店舗のイベント

  • モバイルDJ

仕様

技術仕様

パワーアンプ
  • チャンネル数

  • 2

  • パワークラス

  • D級

オーディオ入力、アナログ
  • チャンネル

  • 3

  • コネクター

  • (1)XLR-1/4インTRSコンボ、(1)1/4インTRS、(1)1/8インTRS、Bluetoothオーディオ・ストリーミング

  • ゲイン設定

  • -100 dB~+75 dB、XLR / -115 dB~+60 dB、TRS、ドライバー入力

  • ファンタム電源

  • 48 VDC、チャンネル1 & 2

コンプライアンス
  • 安全規格

  • UL/IEC/EN62368-1 オーディオ/ビデオ、情報通信技術機器

電源
  • AC電源コネクタ

  • IEC、またはSubMatchケーブル経由

  • AC電源入力

  • 100-240 VAC(±15%, 50/60 Hz)

  • 消費電流、突入

  • AC120 V、60 Hzで15.3 A / AC230 V、50 Hzで29.0 A

一般
  • コンピューター・インターフェース接続

  • USB Type-C

  • ソフトウェアアプリケーション

  • Bose Music App(Android、iOS)

インジケーターおよびコントロール
  • コントロール、リアパネル

  • 3つのデジタルロータリーエンコーダー

  • LEDステータス・インジケータ

  • (1) スタンバイ LED、(3) チャンネルパラメーター LED リング、(3) シグナル / クリップ LED、(3) ミュート LED、(1) ファンタム電源 LED、(2)ToneMatch LED、(1) Bluetooth LED、(4) システム EQ LED

DSP
  • DSP対応

  • はい

  • プリセット

  • ToneMatch プリセット

  • 処理機能

  • システムEQ、リバーブ

物理仕様
  • カラー

  • ブラック

  • 冷却システム

  • 対流冷却

  • エンクロージャー材質

  • パワースタンドハイインパクトポリプロピレン / エクステンション&アレイ:ハイインパクトABS

  • グリル材質

  • パンチング・スチール、粉体塗装仕上げ

  • 質量

  • 13.1キロ(28.9ポンド)

  • 製品寸法(高さ×幅×奥行)

  • 83.5インチ×13.8インチ×22.5インチ(2120mm×351mm×573mm)

  • 出荷時寸法(高さ×幅×奥行)

  • 26.0インチ×15.2インチ×31.1インチ(660mm×385mm×790mm)

  • 梱包質量

  • 41.9ポンド(19.0キロ)

システム性能
  • 周波数レンジ(-10 dB)

  • 30 Hz - 18 kHz

  • 水平カバレージ

  • 180°

  • 1mでの最大SPL

  • 128 dB

  • 許容入力(Peak)

  • 480 W

  • 垂直カバレージ

トランスデューサー
  • クロスオーバー周波数

  • 200 Hz

  • 中高域トランスデューサーの数量とサイズ

  • 32×2インチ(51mm)ドライバー

画像

  • L1 プロ32 フロント・SUB1
  • L1 プロ32 左向き
  • L1 プロ32 左向き
  • L1 Pro32右向き
  • L1 プロ32 フロントSUB2
  • L1 プロ32 左向き
  • L1 Pro 32 左向き
  • L1 Pro32右向き
  • L1 Pro32右向き
  • L1 Pro32右向き
  • L1 Pro32右向き
  • L1 Pro32リア・SubMatch
  • 1プロ32トップIO
  • L1 Pro32リアIO

ビデオ

製品コード

  • 840921-1100
  • L1 PRO32 ポータブルラインアレイ,120V,US
  • 840921-2100
  • L1 PRO32 ポータブルラインアレイ,230V,EU
  • 840921-3100
  • L1 PRO32 ポータブルラインアレイ,100V,JP
  • 840921-4100
  • L1 PRO32 ポータブルラインアレイ,230V,UK
  • 840921-5100
  • L1 PRO32 ポータブルラインアレイ,230V,AU
  • 840921-5130
  • L1 PRO32 ポータブルラインアレイ,230V,インド

保証期間

  • 2年

同梱物

  • (1)キャリーバッグ(アレイ用)

  • (1)キャリーバッグ(パワースタンド用)

  • (1) スリップカバー

  • (1) Submatchケーブル

  • (2) IEC電源コード

アクセサリー

FAQ

L1 Proシステムとは何ですか?
レーストラック型ドライバーとは何ですか?
Bose Musicアプリのミックス機能とは何ですか?
L1 Pro8システムは、どの種類の会場で使用できますか?
L1 Pro8のカバレージはどのくらいですか?
L1 Proシステムの最適な設置場所は?
L1 Proシステムは屋外で使用できますか?
L1 Proシステムは防水仕様ですか?
Bose T4S/T8S ToneMatchミキサーは、L1 Proシステムに対応していますか?
L1 Proシステムのセットアップの方法は?
システムEQとはどのような機能ですか?
モバイルDJはL1 Proシステムを使用できますか?
内蔵ToneMatchプロセッシングのメリットは何ですか?
L1 Proシステムのチャンネル数を教えてください。
L1 Proシステムには拡張用のアナログオーディオ出力はありますか?
ステレオ出力の楽器や機器を活用する方法を教えてください。
新しいL1 Proシステムと従来のボーズのL1システムとの違いは何ですか?
Bose Sub1/Sub2などの外部サブウーファーをL1 Proシステムに接続できますか?
カーディオイドモードとは何ですか?
L1 Proシステムに内蔵のユニバーサル電源アダプターはどんなコンセントでも使えますか?
L1 Proシステムの保証期間を教えてください。
L1 Proシステムはボーズの他のポータブルPAシステムと一緒に使用することはできますか?
L1 Proシステムには、Bluetooth接続は内蔵されていますか?
L1 Proシステムはファンタム電源を内蔵していますか?
L1 Proシステムを工場出荷状態にリセットする方法は?
Bluetoothのペアリングリストを機器から消去する方法は?
L1 Proシステムのリバーブをオフにする方法は?
USB-Cサービスポートは何に使用しますか?
L1 Proシステムのファームウェアの更新が必要かどうか、どこで知ることができますか?
L1 Proシステムのファームウェアのバージョンを確認する方法は?