提案

トップ

MSA12Xへようこそ

設計から構成までのガイド付きツアー

Bose Professionalの新しいMSA12X Powered Beam-Steering Array Loudspeakerをご購入いただき、ありがとうございます。

このページは、スタート地点としてご利用いただくためのものです。各セクションに進むだけで、MSA12X システムを展開できます。

まず、MSAデザイン・ツールのレビューと、それを使ってどのように視聴者エリアに最適なカバレージを提供できるかについて説明します。続いて、MSA12Xの開梱と同梱物のレビューを行います。次に、現場での作業時間を短縮するために必要な設置前の手順について説明します。アレイの組み立てと設置のベストプラクティスを紹介し、最後にControlSpace Designerをどのように活用してコンフィギュレーションを調整するかを説明します。

それでは、MSA12Xを存分にご活用ください。

デザイン

MSA設計ツール

カスタムフィット設計を短時間で作成MSAデザイン・ツール・ソフトウェアは、AVシステム・デザイナーが正確なMSA12Xサウンド・システム・デザインを素早く作成するのに役立ちます。Array Toolは、直感的なインターフェースと使い慣れたワークフローを備えているため、最小限のトレーニングで使用できます。ダイレクト・フィールド計算エンジンを使用することで、会場のニーズに最適なMSA12Xのコンフィギュレーション、配置、カバレージ・フォーメーションを素早く試すことができます。

ダウンロード

デザインガイド

MSA12Xシステムの設計と展開に役立つオフラインリソースが必要な場合は、この役立つガイドをダウンロードしてください。

ダウンロード

以下に、MSAデザインツールを使用して会場をモデル化し、MSA12Xアレイのカバレージを最適化する例を示します。この例では、2モジュールアレイのペア(L/R)が、スピーチ用途の講堂のメインフロアとバルコニーをカバーするように構成されています。

ステップ1: MSA設計ツールを起動し、プロジェクト設定を定義します。準備ができたらContinueを クリックします。

注: デフォルトの耳の高さは、着席した観客に適した1 mに設定されています。この値は、会場のモデルで後で変更することができます。

次に、MSA12Xモジュールが設置される音響空間の2Dモデルを作成します。これは、平面図や立面図など現場の図面から収集した測定値を使用するか、現場そのものを測定することで行います。この例では、ステージ、メインフロア、バルコニーの3面をモデル化します。

講堂: 立面図

講堂: 平面図

ステップ2: デフォルトでは、1つのサーフェスから始まります。プロパティパネルに値を入力するか、マウスを使って平面図と側面図でポイントを調整します。

注: イヤーハイトはプロパティパネルで調整でき、サイドビューでは破線で表示されます。この例では、ステージはイヤーハイト1.75mを使用しています。

ステップ 3: サーフェスをダブルクリックし、適切な名前を付けます。サーフェスの名前を変更したらEnter キーを押します。

ステップ4:新しいサーフェスを追加]ボタンをクリックし、ステップ2と3を繰り返します。会場の各エリアがモデル化されるまで、これらのステップを繰り返します。

ステップ5:この時点で、作業を保存しておくとよいでしょう。Ctrl-SでSave Projectウィンドウが表示されます。

ステップ1: Speaker/Analysisタブをクリックし、Add a Newスピーカーボタンをクリックします。アレイをダブルクリックして名前を変更します。アレイの名前を変更したら、Enterを押します。

注:このシステム例は、左右のアレイで構成される。最初のアレイを構成した後、1つのアレイのカバレッジを最適化することに集中し、標準的なキーボードショートカットを使用して別のアレイをコピー&ペーストする。

ステップ2:アレイの位置を調整します。アレイプロパティパネルのアレイ位置セクションに値を入力するか、マウスを使って平面図と側面図でアレイを調整します。

注: Zは TopCenterBottomの3つの座標で構成される。Topは会場内のアレイの一番上のプレートのZ座標、Centerはアレイの中間点、Bottomはアレイの一番下のプレートのZ座標を表します。これらの値の1つだけを指定する必要があります。

ピッチは、MSA12Xを角度のある面にのみ取り付けるためのモデルです。付属の取り付け金具は垂直角度をサポートしませんが、オプションのヨーブラケットを使用すれば、12度から90度の間で±6度刻みでアレイを確実に配置することができます。付属のヨーブラケットを使用する場合は、ここでヨー角度を指定することもできます。

ステップ3: Array Configuration(アレイ構成)セクションで、アレイで使用するモジュール数を指定し、シングルビームかデュアルビームかを選択します。この例では、メインフロアとバルコニーの両方をカバーするためにデュアルビームを使用しています。

注:ディレイは、会場内の他のスピーカーの位置に対してアレイをタイムアライメントするために使用できます。

ステップ 4:メインビームとセカンドビームの両方について、希望するビーム形状を選択します。1本のビームで作業する場合、選択するのは1つだけです。

注:この例では、メインフロアとバルコニーの両方にステア/スプレッドまたはレイクドフロアを使用することができます。最終的にどのような響きが会場に最適か、試してみてください。

ヒント:平面図と側面図でズームインまたはズームアウトするには、マウスのホイールを使用します。Ctrlを押しながらマウスを左クリックするとパンします。

以下に、ビーム形状とその定義について概説する:

Basic Steer/Spreadは最も基本的なビームパターンです。まず、ビームの軸を垂直にステアし、次にその軸からビームをスプレッドします。ステアとスプレッドはそれぞれ独立しています。スプレッディングを適用した場合、ビームはステア軸から左右対称に広がります。ステア角=0、スプレッド角=0の場合、アレイの放射パターンは、パナレイMA12EXスピーカーのような(パッシブな)ノンステアラブル柱状アレイの放射パターンと同じになります。Steer/Spreadは垂直面に対してのみ機能し、水平方向のステアリング/スプレッディングには対応していません。 

Vocal Range Smoothing Option- Basic Steer/Spreadには、Vocal Range Smoothingというオプションがあります。このオプションを有効(ON)にすると、カバレージ内のトーンバランスがより安定し、ビームからのサイドローブが抑制されます。また、特にボーカル・レンジ周辺のビーム形状が滑らかになります。このオプションのトレードオフは、数dBのヘッドルームを失うことです。

Flat-Floor Optimizedは、フラットフロアに最適化されたビームパターンです。このビームタイプでは、ビームを操舵することしかできません。このパターンではスプレッディングはできません。このビーム・タイプは、特にボーカル・レンジ周辺において、部屋の最前列から最後列まで一貫したカバレージを実現します。

このビームパターンは、アレイがある一定の高 さに取り付けられている場合に最も効果的であるこ とに留意してください:アレイの底板は、聴衆の耳の高さから0.3 mから0.8 mの高さに取り付けてください。アレイの底板が観客の耳の高さより0.3 mから0.8 m高い位置にある場合、または床が傾斜している場合は、別のビームタイプをお選びください。

ボーカルレンジスムージングオプション- フラットフロア最適化ビームパターンには、ボーカルレンジスムージングというオプションもあります。このオプションを有効にすると、ボーカル・レンジの前後でトーン・バランスが一定になり、ビームからのサイドローブが抑制されます。繰り返しますが、このオプションのトレードオフは、数dBのヘッドルームを失うことです。この機能はデフォルトでオンになっており、このビーム・タイプでは推奨されています。

Raked-Floor Optimized(レイクド・フロア・オプティマイズド)とは、レイクド・フロアに最適化されたビームパターンです。Raked-Floor Optimizedビームタイプは、垂直方向に非対称なビーム放射を実現し、アレイの底板が聴衆の耳の高さより1m以上高い場合など、比較的高いアレイ位置から、傾斜した床をカバーしたり、平らな床をカバーしたりするのに適しています。

このビームパターンにはボーカルレンジスムージングのオプションはありません。

デュアルビームモードでは、1、2、3個のモジュールで構成されたMSA12Xアレイから2本のビームを放射することができ、それぞれのビームに対して独立して任意のビームパターンを選択することができます。また、各ビームに個別のゲインやRoom EQ*を適用することもできます。

注:デュアルビームモードは、Dante®入力使用時のみ有効です。

MSA12Xのデュアルビームでは、アレイの全ドライバーをどちらのビームにも同時に使用しています。搭載ドライバーをすべて使用することで、どちらのビームでも低域の指向性制御が向上します。他社製品ではアレイを2つのより小さい(上下)アレイに分けてデュアルビームを実現していますが、これではパフォーマンスが損なわれます。

* それぞれのビームに独立したルームEQを適用するためには、Danteカードを装着したルームEQ対応のControlSpaceプロセッサーが必要です。

ステップ5:ビーム形状のプロパティを調整します。値をBeam Shape Array Propertiesに入力するか、サイドビューでマウスを使い、図のようにハンドルを使って上下のスローラインを調整します。各サーフェスの破線(リスナーの耳の高さ)にビームを合わせます。この例では、まずメインビームをメインフロアに向け、次に2番目のビームをバルコニーに向けます。 

注: 会場によっては、他のビーム形状のアルゴリズムを使って始めることもできます。

デフォルトでは、アレイのゲインは 0 dB に初期設定されており、これは 1 ワットに相当します。SPL マップを表示する前に、Set Max Gain 機能を起動することをお勧めします。

ステップ6: アレイを選択した状態で、Set Max Gainボタンを押します。Array ConfigurationのGainパラメータがどのように変化するかに注意してください。

音圧レベル(SPL)マップオプションは、様々なアレイ配置やビーム形状構成における会場内の直接音場カバレージを視覚化します。ダイレクトフィールドカバレッジは、スピーカーとリスナー間の直接経路を表すもので、反射や残響の影響は含まれません。SPL値(dB)は、グラフィカルビューの右端にあるカラースケールにマッピングされます。

ステップ7: SPLモードで、解像度をHighに変更し、自動調整を無効にします。 

高設定は、SPLマップのデータに最も細かい解像度と最も滑らかな色遷移を提供します。 

オートアジャストをオンに設定すると、グラフィカル表示のSPL値の範囲、カラースケールの範囲、およびSPLの下限値と上限値は、データに存在する範囲の変更に応じて自動的に連続的に調整されます。この設定をOnのままにすると、アレイを調整するときにUpperとLowerのSPL値を繰り返し変更しなければならなくなります。

デフォルトでは、上限と下限のSPL値はそれぞれ112 dBと80 dBですが、このように範囲が広いため、SPLマップを解釈するのが難しい場合があります。アッパーリミットとロワーリミットの間のデルタが10~20 dBであれば、より良い結果が得られます。

ステップ8 :ハンドルを動かしてカラースケールスライダーを調整するか、Upper SPLフィールドとLower SPLフィールドに値を入力します。 

この例のような場合、オーバーラップするエリアがあると、平面図を見ても下階の状況がわかりにくいことがあります。

ステップ 9:Venueタブをクリックし、バルコニー表示を無効にして Speakers/Analysis タブに戻ります。必要に応じてSPLプロパティパネルを調整します。上下のスライダーの間をクリックすると、同じデルタを維持したまま全体の範囲を調整できます。

平面図では、どのアレイを選択しても、会場全体のカバー範囲が表示されます。サイドビューでは、選択したアレイのカバレッジのみが表示されます。アレイが選択されていない場合、サイドビューのカバレージは会場の中心軸がデフォルトとなります。

ステップ10: アレイの選択を解除して、会場の中心軸でのカバレージ結果を表示する。

ステップ11: 最初のアレイのカバレッジに満足したら、Ctrl-C/Ctrl-Vでコピーを作成し貼り付ける。アレイの名前を変更し、目的の場所に移動します。

ステップ 12: 再計算ボタンをクリックして、更新された結果を表示します。必要に応じてカラースケールを調整します。この例では、スピーカーからの上下のレンジの中央値を88 dBと表示できます。

アンボックス

MSA12Xの購入特典をご覧ください。

ステップ1:慎重に箱を開ける。

ステップ2:パッケージの中身をすべて取り出します。 中には以下のものが入っています:

  • MSA12Xスピーカーモジュール 
  • ウォールマウントブラケット/スピーカーブラケットのセット(2)
  • モジュール間接続ブラケット 
  • 水平固定ブラケット 
  • モジュール間接続電源ケーブル(各地域向け)(3) 
  • 電源コード 
  • LVDSオーディオ/コントロール拡張ケーブル(RJ-50)(1) 
  • 3ピンユーロブロックコネクター 
  • M6フランジヘッドボルト 
  • 平ワッシャー 
  • 両面ワッシャーテープリング 
  • M6フランジナット 
  • 結束バンド 
  • セルフタッピングネジ 
  • ボーズロゴのネームプレート(1)

ステップ3:各コンポーネントをプラスチックパッケージから取り出す。

プレインストール

MSA12X を設置する前に、事務所でモジュールへのビーム形状の接続、更新、ロードテストを行うことを強くお勧めします。推奨事項やステップバイステップの手順については、以下のセクションを参照してください。

必要なソフトウェア

  • Array Tool
  • ControlSpace Designer
  • Dante Controller(www.audinate.com)

ネットワーク

  • DHCPサーバー
  • マネージドまたはアンマネージドスイッチ(ネットワーク管理者に確認してください)、EEEテクノロジーを無効にするオプションが必要

工具

  • 10 mmソケットおよびソケットレンチ
  • トルクレンチ
  • ドリル
  • プラスドライバー
  • レベル
  • 鉛筆

ルーターまたはDHCPサーバーをシステムで使用することをお勧めします。

ステップ1:PCとすべてのデバイスをネットワークに接続します。2モジュールまたは3モジュールのアレイを組み立てる前に、各MSA12Xモジュールを個別に更新することをお勧めします。

ステップ2: PCのIPアドレスを自動取得(DHCP)に設定します。

EX(DanteおよびCSN)とMSA12XのIPアドレスは、デフォルトでDHCPが有効になっています。

これにより、各デバイスはルーターまたはDHCPサーバーによって指定される新しいIPとサブネットマスクで動的にアップデートされます。

Step 3:Dante Controllerを起動します。

すべてのDanteデバイスが表示されていることを確認します。割り当てられるIPアドレスとサブネットマスクは、DHCPルーター/サーバーの設定によって異なります。

ステップ4: すべてのDanteデバイスのIPをスタティックに変更します。これはDante ControllerのDevice View -> Network configタブで行います。

IP Addressを入力したら、Applyをクリックし、デバイスを再起動します。

IPアドレスを静的にすることで、デバイスは常に同じネットワークアドレスでアクセスできるようになり、デバイスの識別と管理が容易になります。 

MSA12XのDanteファームウェアをアップデートするには、以下の手順で準備してからアップデートします。

注意:Dante Updaterを使用してDanteファームウェアをアップデートするには、ファイルの整合性を確認するためにインターネットに接続している必要があります。アップデートする前に、システムに接続されていること、デバイスがアクティブであること、Dante Controller内でDante Network Interfaceが正しく設定されていることを確認してください。

インターコネクトを使用した2または3スタックアレイを作成する前に、個々のモジュールをアップデートすることをお勧めします。時間がかかることは承知していますが、このワークフローが最良の結果をもたらすことが分かっています。

Step 1: Dante ControllerにMSA12Xモジュールが表示されていることを確認し、Dante Updaterアイコンをクリックするか、ViewandDante Updaterを選択してDante Updaterアプリケーションを起動します。

ステップ2: Advanced Settings(詳細設定)」を開き、「Allow Imported Firmware(ファームウェアのインポートを許可)」を有効にします。

注: この手順にはインターネット接続が必要です。

Step 3: Dante UpdaterウィンドウでLibraryタブをクリックし、Imported Filesセクションを展開します。

注:この例では、古いMSA12X Danteファームウェアファイルがすでにロードされています。次のステップでは、新しいバージョンをインポートします。

Step 4:Imported Filesセクションの右下隅で、Import Firmwareボタンをクリックします。

ステップ5:表示されたウィンドウで、Danteファームウェアファイルを選択します。ファイルをクリックしてこのウィンドウにドラッグするか、Select File をクリックしてファイルを開くウィンドウを使用します。

使用するDanteファームウェアファイルを探し、「Imported Files」(インポート済みファイル)に追加します。

Danteファームウェアファイルは、お使いのコンピュータのアプリケーションディレクト リ、C:˶Program Files (x86)˶Bose

注意:Danteファームウェアは定期的にアップデートされています。ほとんどのユーザーはUltimoXファームウェアが必要です。ファームウェアが認証されると、インポートされたファームウェアファイルのリストに追加されます。

ステップ 6:ウィンドウの左上隅にあるHomeタブをクリックします。Imported FirmwareFilesセクションを展開します。Dante Updaterがデバイスをスキャンすると、検出されたデバイスがリストに表示されます。

ステップ 7:アップグレードするデバイスを選択し、[Upgrade Selected Devices]ボタンをクリックします。

Note:ファームウェアのアップデートが完了したら、MSA12Xデバイスの電源を手動で落としてください。Danteまたはシリアル通信を介してデバイスを再起動しても、ファームウェアのアップデートは完了しません。

MSA12Xをセットアップするには、PCとBose Professional ControlSpace Designer(CSD)ソフトウェアを使用する必要があります。

ステップ1: PCをネットワークに接続した状態で、CSDを起動します。 空白のプロジェクトが表示されます。 

アレイのMSA12Xモジュールは、プロジェクトビューのエンドポイントとして自動的にCSDプロジェクトビューに表示されます。 このプロセスには5秒から1分かかります。DanteエンドポイントであるMSA12Xアレイを見つけるために、デバイスをスキャンしたり、CSDのために'Go Online'する必要はありません。

スキャン対象のネットワーク上にあるESPやEXなどのControlSpaceデバイスが、MSA12Xアレイよりも先に表示されることがあります。

Dante Controllerで変更が行われ、MSA12Xが表示されない場合は、CSDを閉じて開き直します。

ステップ2:デバイスが表示されたら、システムメニューからハードウェアマネージャーを選択します。

ヒント: MSA12Xが表示されない場合は、[System]から[Enable Dante Control]を選択してください。

ステップ3: ファームウェア・アップデート・タブに移動し、緑色/最新であることを確認します。 オレンジ色の場合は、ファームウェアを更新し、必要に応じて再起動してください。 

注:MSA12Xのアップデート中にエラーが発生した場合は、CSDを終了して再度開き、ファームウェアのバージョンと色を確認してください。緑色であれば、最新バージョンです。 

ファームウェアのアップデートが完了したら、現場に設置する前にシステムの接続とビームのアップロードを練習することをお勧めします。この作業に時間をかけることで、現場での潜在的な問題を最小限に抑えることができます。 

つながり

複数のモジュールをスタックし、拡張ケーブルで接続することで、より長いアレイを構成することができます。最大 3 モジュールのアレイをサポートします。拡張ケーブルのエンドコネクタはRJ-50(ケーブル付属)で、Control/Dante®(イーサネット)用のRJ-45とは異なります。

マルチモジュールアレイをセットアップするときは注意してください。

マルチモジュールアレイの場合、イーサネットケーブルはアレイの端にあるレセプタクルに挿入する必要があります(途中で接続することはできません)。イーサネットケーブルが挿入されたモジュールは、自動的にアレイのリーダーモジュールになります。オーディオ信号とコントロール信号は、モジュール間のRJ-50拡張ケーブルを介してフォロワーモジュールに渡されます。上記以外のモジュールにイーサネットケーブルを挿入することはできません。間違ったモジュールにイーサネットケーブルを挿入すると、アレイは動作しません。

リーダーモジュールがアレイ全体を代表します。リーダーモジュールのIPアドレスは全体のアレイに適用されます。つまり、マルチモジュールアレイは単一モジュールのアレイよりも多くのドライバーを搭載した長いアレイである1台の機器として認識されます。

ステップ1:電源相互接続ケーブルとLVDSオーディオ/コントロール拡張ケーブルを接続するためのワークスペースを準備します。

ステップ2:電源と電源相互接続ケーブルを接続しますが、外部電源にはまだ接続しないでください。この例では、一番下のモジュールがリーダーモジュールです。 

ステップ3: リーダーモジュールをネットワークスイッチに接続し、付属のLVDSオーディオ/コントロール拡張ケーブルをモジュール間の拡張ポートに接続します。この時、リーダーモジュールを外部電源に接続しても構いません。

初期設定

ステップ1:PCをネットワークに接続し、CSDを起動します。空白のプロジェクトが表示されます。MSA12XはDanteデバイスであり、CSD Network ScanやCSD Go OnlineがなくてもCSDで認識され、制御されます。

MSA12Xデバイスブロックが表示されない場合は、System > Enable Dante Controlに進みます。 

PCとMSA12Xアレイをすべてネットワークに確実に接続します。

PCとMSA12XアレイのIPアドレスがすべて適切に設定され、同じネットワーク上に存在していることを確認します。

ステップ2:以下の操作を行う前に、Endpoint Controlを有効にしておくことを強くお勧めします。Endpoint Controlが無効の場合、Danteエンドポイント(MSA12Xを含む)はControlSpaceプロセッサ(EXまたはESP)のファームウェアの制御下にあり、CSDからMSA12Xコントロールをプログラムすることはできません。Endpoint Controlが無効の場合、MSA12Xコントロールパネルのコントロールの多くがグレーアウトし、警告メッセージが表示されます。Endpoint Controlはデフォルトで無効になっています。

Endpoint Controlを有効にするには、System > Enable Endpoint Controlに進みます。

ステップ3:次のステップは、どのMSA12Xデバイスブロックがネットワーク上のどの物理アレイを表しているかを識別することです。これには2つの方法があります:

(図示せず)デバイスブロックをダブルクリックし、MSA12X コントロールパネルを開きます。Hardware configurations] セクションの下部にある [Identify] ボタンをクリックします。物理アレイ背面の LED が点滅し、デバイスブロックを識別できます。

(図解)LEDを見るためにアレイの背面にアクセスできない場合、別のオプションとしてAdvanced...ボタンをクリックし、Audio Checkモードを使用することができます。Internal'オプションでは、内部信号発生器が1kHzの信号をアレイに送り、その音でアレイを識別できます。

メモ:MSA12X Advancedウィンドウで、アレイのコントロールの位置を指定することができます。この例では、コントロールは下部のままです。

1モジュール、2モジュール、3モジュールのいずれのアレイを設 置する場合でも、電源と制御をどこに接続するかを、下側(デ フォルトの向き)または上側で指定する必要があります。このステップを見落と すと、ビームが天井を向く可能性があります。

ステップ4:アレイを特定したら、デバイス名を'Left-Array, 'Right-Array'のように変更します。これは後でDante®のルーティングに使用するデバイス名です。デバイス名はArray Toolで定義済みのアレイ名と同じにすることも、異なる名前にすることもできます。

ステップ5:アレイを特定したら、取り付ける前にアレイを分解し、現場で再度組み立てる必要があるため、各モジュールに物理的なラベルを貼ることをお勧めします。これは、背面に小さなステッカーを貼り、左上を "LT"、左下を "LB "などの略称を使用することで達成できます。 

この時点で、Bose Professional Array ToolからControlSpace Designerのアレイにビーム設定をテスト送信することができます。以下のConfigureセクションを参照してください、 ビーム設定の送信を参照してください。

ケーブル&マウント

MSA12Xは、1人または複数の設置者による設置が可能です。複数の設置者による方法では、地面にアレイを構築し、取り付けられたウォールブラケットにアセンブリ全体を取り付ける必要があります。  

複数(2-3台)のインストーラーを使用した場合に最良の結果が得られるので、このセクションではそれに焦点を当てます。シングルインストーラの方法については、MSA12Xインストレーションガイドを参照してください。

注意

  • 各 MSA12X モジュールの重量は 14.5 kg です。けがやスピーカーの損傷を防ぐため、持ち上げるときは注意してください。
  • グリル面を下にしてMSA12Xを置かないでください。
  • MSA12Xを床の間に設置する場合、アレイの上部と下部に最低0.3mの隙間を空けてください。 

ステップ1: 壁取り付けネジ(別売)を使用して、アレイの上部が位置する壁に壁ブラケットを取り付けます。しっかりと締めます。ブラケットは水平にする必要があります。アレイ上部のために、天井から十分なクリアランスを残してください。

注意: システムの総重量を支えることができる位置と設置面を選んでください。Bose では、安全率を10:1にすることを推奨しています。

ステップ2:シングルモジュールの場合 付属のフランジ付きボルトを使用して、スピーカーブラケットをスピーカーモジュールの両端に取り付けます。ボルトを 6.78 N-m(5 ft-lbs)で締め付けます。

2モジュールまたは3モジュールアレイの場合: アレイ全体を地面に組み立てます。同梱のフランジ付きヘッドボルトを使用して、1つのスピーカーブラケットを一番下のスピーカーモジュールに、1つのスピーカーブラケットを一番上のスピーカーモジュールに取り付けます。付属のフランジ付きヘッドボルトを使用して、ラウドスピー カーモジュールのペアの間にインターコネクトブラケットを 1 つ 取り付けます。すべてのボルトを 6.78 N-m(5 ft-lbs)で締め付けます。

ステップ3:フランジ付きヘッドボルトを、トップスピーカーモジュールのスピーカーブラケットの片側にねじ込みます。

ステップ4: ユニット間のインターコネクト電源ケーブルとオーディオケーブルを接続します。

ステップ5: 図示せず-付属の結束バンドでケーブルを固定し、セルフタッピンねじで相互接続ブラケット近くの押し出しスロットに固定します。電源ケーブルが確実に固定されるよう、電源ケーブル接続部の近くに結束バンドをねじ込むことをお勧めします。

ステップ6 :スピーカーブラケットとウォールブラケット の間にワッシャーをセットします。図にはありませんが、付属の両面テープリングを使 用して、フランジ付きボルトの突出したネジ山の周囲にワッ シャーをスピーカーブラケットに接着します。

ステップ7: スピーカーアレイ一式(1-3モジュール)を上部のブラケットから吊り下げます。スピーカーブラケットに取り付けられているフラン ジ付きヘッドボルトが、ウォールブラケットのクリアランス ホールに完全に挿入されていることを確認します。ボルトにフランジ付きナットをねじ込み、スピー カーを90度回転させた状態で、手でゆるめながら しっかりと締め付けます。

ステップ8 :同梱のフランジ付きボルトを使用して、 ボトムユニットのスピーカーブラケットにウォール ブラケットを取り付けます。スピーカーブラケットとウォールブラケット の間にワッシャーを挟みます。写真には写っていませんが、付属の両面テープリングを使用して、フランジ付きヘッドボルトの突出したスレッドの周囲にワッシャーをスピーカーブラケットに接着します。

ヒント:スピーカーアレイに水平器を使用し て、底面のウォールブラケットを壁に固定します。壁面取り付け用のネジ(別売)に必要な印をつけてください。

ステップ9: 用途に合った金具を使って、壁にブラケットを取り付けます。

注意:取り付け面とスピーカーシステムの取り付け方法が、シス テムの総重量を支えられるものであることを確認してください。Bose では、10:1の安全率を推奨しています。底面のネジとフランジ付きナットを含め、MSA12X を壁面ブラケットに再度取り付けます。

ステップ 10:スピーカーの動作をテストします。接続パネルやインジケーターランプにアクセスしやすくするため、スピーカーの動作がテストされるまでは、スピーカーアセンブリを90度の方向にしておくことをお勧めします。

ステップ11:スピーカーアセンブリを希望の位置に回転させます。

ステップ12: スピーカーを壁に垂直に設置する場 合は、フランジ付きヘッドボルトを底部ウォールブラケット の両方の穴に挿入し、スピーカーブラケットをウォールブラ ケットに固定します。スピーカーブラケットとウォールブラケット の間にワッシャーを挟みます。

注:スピーカーを壁面に対して垂直でない角度で設置す る場合は、ヨーブラケットをスピーカーとウォールブラ ケットに取り付けてスピーカーを所定の位置に固定します。ヨーブラケットは、スピーカーアレイを6°刻みで(12°から90°まで)所定の位置に固定します。詳しくはMSA12Xインストレーションガイドをご覧ください。

ステップ13: 6.78N-m(5ft-lbs)を超えないト ルクで、アレイの上部と下部のスピーカーブラ ケットに接続されたフランジ付きヘッドボルトとフラン ジ付きナットを締めます。

クロックアウトレット

可能であれば、クロックアウトレットと呼ばれる埋込型のコンセント(日本の保安灯専用コンセントよりも概してへこみが深い)を使用すると、プロの仕事らしいすっきりした外観になります。

コンセントの配置の中心を出すには、壁面ブラケットの高さにコンセント/ジャンクションボックスの高さの1/2を足します。

USコンセントカバーの場合、アレイの下端から6.5インチ上 を使用する。上部に外部電源を接続する場合は、アレイの上部から6.5インチ下げて使用してください。

設定

MSA12Xアレイに複数のビームパターンを設定し、Bose Professional CC-64コントローラー、CC-3D、ControlSpace Remoteなどの外部デバイスから変更を呼び出すには、ControlSpace EX-1280などの対応するBose Professional ControlSpaceプロセッサーが必要です。次に、CSDでMSA12XをControlSpaceプロセッサーに関連付けます。また、この手順でDante®ルーティングを設定することもできます。オーディオ信号にアナログを使用し、複数のビームパターンを設定/呼び出す必要がない場合は、このセクションをスキップできます。

ステップ 1:ネットワークをスキャンすると、プロジェクトビューにプロセッサデバイスブロックが表示されます。

ステップ2:プロセッサーデバイスブロックをダブルクリックして、デバイスビューに移動します。SPツールキットのDante EndpointsのリストにMSA12Xデバイスが表示されます。これらのデバイスをSPツールキットからデバイスビューにドラッグ&ドロップします。これは、これらのデバイスが現在選択されているプロセッサーに関連付けられていることを意味します。

SP Tool Kitからデバイスをドラッグドロップすると、デバイスビューに赤いブロックが表示されます。これはMSA12XデバイスのDante出力ブロックを表しています。各MSA12Xアレイに2つの出力チャンネルがあることに注意してください。この2つのチャンネルは、アレイがデュアルビームモードの場合の2つのビームに対応しています。アレイがシングルビームモードの場合、Ch2の信号はMSA12Xアレイから放射されません。

ステップ3:Deviceビューに信号処理ブロックを追加し、システムを完成させる。簡単な例を示します。

各MSA12Xアレイの出力1と出力2に信号を供給することで、各ビームに異なるゲイン/EQを適用することができます。

ステップ 4: プロジェクトビューに戻ります。これで、MSA12X デバイスブロックが、関連するプロセッサを示すようになりました

注:MSA12XをBose Professional ControlSpaceプロセッサーに関連付けると、プロセッサーからMSA12XへのDanteチャンネル登録が自動的に実行されます。上の画像の青い背景は、システムがオンラインであることを示しています。

お使いのシステムに合わせて入力設定を調整します。MSA12Xコントロールパネルでは、以下のことが可能です:

  • 入力のタイプをDanteあるいはアナログから選択します。
  • 入力ゲインを0 dB、+14 dB、+24 dBの中から選択します。
  • スピーカーEQをMusic(音楽)あるいはVoice(音声)から選択します。

ここまで作業を行うと、Array Toolで設計したビーム設定をMSA12Xアレイに送信することができます。 

Bose Professional Array Tool にアクセスします。まだの場合は、「Speakers/Analysis」タブでアレイを設計します。手順は、このページの一番上、Designセクションで確認できます。

「Array Configuration」(アレイの構成)に表示されているモジュール数がアレイ本体のモジュール数と一致していることを確認してください。

ステップ1:Beamタブに移動し、Send to CSDボタンをクリックします。

ステップ 2:CSDでは、Beam Configuration Destinationダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで選択可能なアレイは、CSDのモジュール数(モジュールカウント)が同じものです。デバイス名の後の括弧内の数字はモジュール数を示します。モジュール数が一致しない場合は、ビーム設定をアレイに送信できません。 

必要に応じて複数の機器を選択できます。同じビーム設定を必要とする複数のアレイがある場合に便利です。これでビーム設定がアレイに送信されました。アレイにオーディオ信号を送っている場合、ビームパターンが変化するのが聞こえるでしょう。カバレッジが気に入らない場合は、Array Toolに戻ってパラメーターを調整し、このプロセスを繰り返してください。

ビームゲインとビームEQを変更できます。Beam Gainはデュアルビームモード時に2つのビーム間のゲインをバランスさせるためのものです。

注:ビームゲインは、ControlSpaceウォールパネル(CC-64やControlSpaceリモートなど)には割り当てられません。 

Beam EQは、ビームの広がりによるトーンバランスの変化を補正するフィルターです。Beam EQのカーブはArray Toolでビームごとに自動的に計算され、CSDに送られます。カーブの形状も調整できます。

メインビーム/セカンドビームのビームゲインをクリックすることで、ビームEQの表示も連動して切り替わります。

カバレッジ、ビームゲイン、ビーム EQ に満足したら、次はそのビームパターンをアレイに保存します。ビームパターンをビームプリセットに保存しない限り、ビームパターンはアレイの電源サイクル後に失われます。各MSA12Xアレイには10個のメモリバンクがあり、最大10個の異なるビームパターンを他のハードウェアプロパティ(Beam Preset)とともに各MSA12Xアレイに保存することができます。ビームプリセットはアレイの状態の「スナップショット」です。

以下の内容がビームプリセットに保存されます。

  • 入力タイプ、入力ゲイン
  • スピーカーEQ
  • ステアリング角度、スプレッディング角度などのビームパラメーター
  • コメント
  • ビームゲイン
  • ビームEQ

ステップ1: Storeボタンをクリックします。ビームプリセットの保存ダイアログボックスが表示されます。

現在の状態を保存したいプリセット番号を選択します。そのプリセットのラベルを変更します。また、読み込んだプリセットのメモをコメント・フィールド(50文字まで)に編集できます。

これで現在の状態が選択したプリセットに保存されます。現在選択されているプリセットは、ビーム・プリセット・メニューで確認できます(ここでは「プリセット1:フロアとバルコニー」)。

注意:ここからパラメータ(ビームパターン、ビームゲインなど)を変更すると、ビームプリセットメニューは空白になります。これは設定が変更され、現在のアレイの状態がビームプリセットに保存されていないことを意味します。

ビームプリセットを保存したら、ドロップダウンリストからそのビームプリセットを呼び出すことができます。

パワーオン・ステートは、アレイのパワーサイクル直後に自動的に呼び出されるビーム・プリセットです。デフォルトでは、最初に保存されたビームプリセットがパワーオン状態に割り当てられます。パワーオン・ステートはビーム・プリセット・メニューの下に表示されます。

パワーオンステートを別のビームプリセットに変更することができます。

ステップ1: Select POS...ボタンをクリックします。

ステップ2:パワーオン状態の選択ダイアログボックスが表示されます。パワーオン状態に割り当てたいビームプリセットを選択します。

ステップ3:OKをクリックします。これでPower On Stateが変更されました。

注意: アナログ入力を使用している場合は、プリセットとして保存し、POSに割り当ててください。そうしないと、MSA12Xは電源サイクルの後、デフォルトでDante入力を使用するようになります。

パワーオン・ステートは、アレイのパワーサイクル直後に自動的に呼び出されるビーム・プリセットです。デフォルトでは、最初に保存されたビームプリセットがパワーオン状態に割り当てられます。パワーオン・ステートはビーム・プリセット・メニューの下に表示されます。

各アレイにビームプリセットを割り当てると、ControlSpaceの他のコントロールファミリー(CC-64、GPIO、プロセッサ内のタイマー、ControlSpaceリモートなど)からパラメータセットを呼び出してビームプリセットを呼び出すことができます。そのためには、ビームプリセットをパラメータセットに割り当てる必要があります。

注意:MSA12Xデバイスの各パラメーター(Beam GainやBeam EQなど)を直接パラメーターセットにアサインすることはできません。パラメータ・セットにアサインしたり、パラメータ・セットから呼び出したりできるのは、ビーム・プリセット(アレイの状態の "スナップショット")だけです。

この操作はDanteが有効になっている間は可能ですが、CSDがオンライン(青い背景)になっているときはできません。パラメータセットを設定する前にオフラインにする必要があります。

ステップ 1:MSA12Xコントロールパネルで、パラメータセットに割り当てたい状態のビームプリセットを呼び出します。

ステップ 2:MSA12X デバイスが関連付けられているプロセッサのデバイスビューに移動し、MSA12X デバイスを表す出力ブロックを選択します。

ステップ 3:パラメータセットウィンドウのパラメータセットツリーに、その出力ブロックをドラッグします。必要に応じて、パラメータセットの名前を変更します。

ステップ 4: [プロパティ]ウィンドウが表示されます。エンドポイントプロパティを選択します。OKをクリックします。

ステップ5:これでビームプリセットがパラメータセットに割り当てられました。

ステップ1: Bose Professional Array ToolとCSDからすべての設定ファイルを保存する。これらのファイルは後で使用したり調整したりするために保管してください。

ステップ2:新しくインストールしたMSA12Xシステムで番組音声を再生します。通常のリスニング音量で再生してください。これは、Dante Controllerを使用してDanteオーディオストリームをルーティングするか、Bose Professional DSPを使用してソースを接続し、ルーティングすることで実現できます。

ステップ3: Array Toolで作成したオーディオ体験が、実際の音と一致していることを確認するために、空間を歩き回ります。Array ToolやDSPで調整する必要があれば、メモを取ります。

ステップ4: そのスペースに複数のプリセットを保存している場合は、次のプリセットに変更し、ステップ3を繰り返します。このプリセットに加える必要がある変更があればメモを取り、さらに保存されているプリセットについて繰り返します。

ステップ5: Arrayツールでビームを調整し、必要に応じてプリセットを再保存します。再び空間を歩き、システムの性能に満足するまでステップ3と4を繰り返します。

ステップ6: Array ToolとCSDの両方で、すべての最終設定ファイルを保存する。これらのファイルは後で使用するために保管してください。

ステップ7: 追加の測定とチューニングが必要な場合は、組織のポリシーと手順に従い、これらのアクションを実行してください。